ヘイヘイビラロボス
イラストレーター齊藤聡のブログ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2010/08/05(木)   CATEGORY: 音楽について
2010.07.30
フジロック一日目の日記です
長文ですが
読みたいヒトのみ↓をクリックしましょう



今年も前日入りしてテントとか前夜祭に備えたのですが
早くも雨にやられて3日間の天気の行方に
少々ビビリが入っていました

そして迎えた初日は朝から晴れてあちいあちい
深夜も楽しむコトを考慮に入れて
朝1発目から気合いれていくべぇとはいかず
グリーンステージ2組目の ASH からスタート

Ash - Kung fu


高校生時代から好きだったバンドなのですが
そんな若かりし日々を思い出させてくれる
デビュー初期の曲を続々と演奏してくれるサービス精神
年取ってもキラキラしたやんちゃな曲が似合うねぇ
合唱に次ぐ合唱で気持ちよくなりました


The Cribs - Mens needs


なんというか愛されるキャラクターをもつバンド
どれだけロケンロー的な格好をしても
良い意味でのヘナチョコ感が滲み出てしまうね
それでも演奏はたくましくなってんなぁと感じました
ただジョニーマーはいてもいなくても変わらんのでは


toe - Goodbye


完全に音もライブも初対面でした
友人が薦めていたバンドだったので気にはしてましたが
これが又良い・すごい・上手い
少し冷えた印象の曲を熱を込めて演奏する
緊張感のあるステージはライブならではという感じでした


Jaga Jazzist - Day


今回の出演者の中で最も観たかったバンドの一つ
一時期彼らのCD買い漁っていたので期待感大ですわん
大所帯バンドなのでフリーキーにジャムるような
ライブという感じではないけれども
様々な音が入り乱れてひとつの非日常空間を作る様は
衝撃を受けずにはいられまへん北欧ええね


この辺りから雨が気になりだして
今後のスケジュールの調整を考える
避難所をイスにするかテントにするかで
断然テントが安全だろと当たり前の結論に達し
キャンプサイトにちゃちゃっと戻れる
グリーンに移動するコトに


Them Crooked Vultures - Scumbag Blues


FFは好みではないケドQOTSA好きという自分にとっては
半々な興味のバンドだったのであまり観るつもりは
なかったのだが強くなってきた雨に負けないように
もろロケンロー丸出しのライブになるであろう
彼らを観るコトを選択する
達者な人々のライブってのは磐石なんだなぁと
納得感のあるライブでした体も暖まったし
つーかQOTSAが観たーーい


そしてこの後雨に我慢できず若干死を予感したので
一時テントに避難するコトにしたのですが
今年はしゃれおになるぜと山向きではない服装の選択してたので
乾き悪い→夜の寒さに体温奪われる→心が折れる
という負の3段活用に襲われてしまい
一時避難のつもりがそのまま待機状態に入り
MUSE を観ずにテントで夜を明かすという
今年最も後悔する行為をしてしまったわけです
深夜のダブ祭りも体験したかったのになぁ
という不完全燃焼な1日目の締めくくりとなりましたとさ


スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © ヘイヘイビラロボス. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。