ヘイヘイビラロボス
イラストレーター齊藤聡のブログ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2009/07/28(火)   CATEGORY: 音楽について
2009.07.25
この日記は動画の貼り付けが多くて
ページが重くなるので
全文読まれるならば
↓を CLICK THIS! してみましょう

Eli Paperboy Reed & The True Loves - fooling myself

禿げてない頃のカートアングル的な風貌のEli
相当ステキで相当うまく唄われてらっしゃた
全く知らなかったのに心から
楽しみつつ遅めの2日目をスタート

MELVINS - Honey Bucket

少ししか観れなかったケド
重めなギターとツインドラムかっぴょいー
20台前半の頃なら間違いなく
最後まで体感しただろうなぁ

Ben Harper & Relentless7 - Skin Thin

ロッキンブルースおーいぇー
とにかく情熱的な熱情ハーパー
これはもう泣いても良いんでは
なかろうかとハンケチーフを
思わず探してしまう程に
心を震わせてもらいましたっちゃ

Franz Ferdinand - Outsiders

3日間の内で最高潮にボクをアホにしてくれた
とにかく楽しすぎたという記憶のみ
ベストアクト賞を送ります
ラッキーラッキー

Fake Blood - Mars

深夜のアホ紳士の時間スタート
マーキーは勿論なんと岩盤スペースにも現れてくれて
1日に2度観るという奇跡が起きた
やったーやったー

The Shoes - Knock out

エレクトロはロックにアクセスしやすい音だケド
この人達のパフォーマンスは
かなりロッキンな感じで
ライブやでこれは暴れるべぇ27歳

Crookers - knobbers

もう足が最終ラウンドの格闘家並に
フラフラでしたが
タラッタラッターで踊らないといかん
というかテントに戻りたくない病にかかっていたね
そしてこの病は次の日に風邪へと昇華しましたとさ

日中のライブをあまり観ない緩やかな
2日目でありました


スポンサーサイト

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © ヘイヘイビラロボス. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。