ヘイヘイビラロボス
イラストレーター齊藤聡のブログ
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: 2012/07/30(月)   CATEGORY: 音楽について
※訳=①黄鉄鉱 ②見かけ倒し
今年は諸事情あってフジロックに行かないコトにしたのですが
例年通りに観たいアーティストが多数参加しているがために
何とも言えない気持ちになっているのは言うまでもありゃあせん

毎年コソっとフジ記をブログ記事にして記憶と記録の両方で
良い思い出として自分の中に留めていたケドも
今年はそれも出来ないというコトで寂しい限りです

この往きどころのない気持ちを鎮めるため
今回はボクが初めてフジロックに行った時のコトを
思い出しながら書いて落ち着こうかと思います


行ったのは2002年7月28日
1日のみの参加でした

当時のボクは大志も何もないボケっとした大学2年生(神奈川在住)で
洋楽誌を読み漁っては海外音楽の今昔に関して知識をつけつつ
CDを買ったり借りたり試聴したりして気を良くしてましたが
オールスタンディングのライブといったモノを
見に行った経験は皆無でありました
(母親に連れられてSMAPを観に行ったコトはあるよん)

ただ高校時代住んでいた名古屋市内の栄えてない街にあった
近所の小さなCDショップにいわゆるBOOTLEGが売っており
お年玉つぎこんでちょいちょい買ってたので
擬似ライブ体験はしていたのです
今考えるとあの小さな街の住民のBOOT需要なんて
ほとんどないだろうから店のヒトの嗜好で
置いてたんだろうなぁ
商品が増えはしてもほとんど減ってなかったし
ボクにとってはありがたかったケド

行った日は深夜に少しだけ雨が降ったコトを除けば
基本的には晴れていたから良かったものの
山の天気に関しては未体験だったし
雨なんて降らんだろうと楽天的だったので
雨具の類を持っていかないという愚かな学生でした

ライブ経験もなく山を舐めてもおり
さらには人見知りなので知らないヒトの前では
大してハッチャケれないという
それが当時のボクだったわけです
負の条件が揃ってて単純に楽しめるか
怪しかったわけです

BUT(※訳=しかし)
結果的にはその日観たいアーティストは観れたし
知らないヒトにも臆せずにライブ中は暴れるコトも出来たし
とにかく又行きたいと思う程に楽しめた
若さだけじゃなく音楽の素晴らしさがうまいコト絡んで
気分が開放的になったと思われます

この日大雨が降ってたらボクの心は折れたのだろうか
それとも開き直って楽しもうとしたのだろうか
それはその時その場のボクにしか選択はできないケド
多分折れてたのではないかと今のボクは思います
だからこそあの日の天気が良かったおかげで
音楽ライフが未だに良いモノとして位置付いてて
未だにフジロックが好きなのだとボクは思います
運が良かったね

因みにこの日の私的ルートは
Queens Of The Stone Age
The Cooper Temple Clause
IAN BROWN
RED HOT CHILI PEPPERS
という感じで
前後のアーティストをちょこっとだけ
観たような観てないようなあまり記憶が
定かではないのですが
この4つは確実に覚えております

この日特に観たかったのはIANとQueensで
ともに2ndアルバムがとても好きだったのです
この2組のTシャツをさりげなく購入して
今でも着ているという思い出深いACTです

IANに関してはフジに来た時は
毎度観てしまうほど好きなだけに
今年STONE ROSESとして観られないのが
とても悔やまれます....くふぅ

と又気持ちがおかしくなってきたので
ここらで締めとさせていただきます







そういえば当時フェスご飯は3食
フィッシュ&チップスで済ませたという
謎の偏りを思い出しました
アレ食いてぇなぁ



スポンサーサイト
Copyright © ヘイヘイビラロボス. all rights reserved. template by レトロメカニカ. FC2BLOG page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。